痛みの少ない治療|長野駅・長野市大字鶴賀で歯科をお探しの方は長野東口歯科クリニックまで

時間 日・祝
9:30〜12:30
14:30〜19:00
★土曜午後は14:30~17:45
※祝日のある週の木曜日は診療いたします。
※月に数回歯科医師会参加のため診察終了時間が早まります。
   日程は新着情報にてお知らせいたします。
平日最終受付…19:00/土曜最終受付…17:45

〒380-0906 長野県長野市大字鶴賀601-22

  • 電話
  • メニュー

長野東口歯科クリニックが
「痛みの少ない治療」
こだわる理由

歯科治療での痛い経験や怖い経験から、歯医者さんへ通うことが
苦手になってしまう方はとても多くいらっしゃいます。
大人も子供も、誰でも痛い思いをするのはいやなことです。
だからと言って、歯医者さんに行かず、むし歯やお口のトラブルを
放っておくことはできません。
「歯医者さんに通う患者様の気持ちが少しでも安心できるようにしたい」
その思いから、当院は「痛みの少ない治療」を行っております。

当院で行っている痛みの少ない治療

  • 削らないむし歯治療(ドッグベストセメント治療)
  • 電動麻酔器を使った麻酔
  • ペンレステープを使った表面麻酔
  • 笑気ガスを使った麻酔(笑気吸入鎮静法)

削らないむし歯治療(ドッグベストセメント治療)

ドッグベストセメント治療とは?

イメージ画像

ドッグベストセメント治療とは、歯を削らずに“むし歯菌を退治する”治療法です。
治療方法はとてもシンプルです。
むし歯菌により欠けてしまった患部に、むし歯菌に殺菌効果のある特殊なセメントを流し込み、むし歯菌を死滅させます。
歯を削ることがほとんど必要ないため、痛みを伴わず、歯の神経を極力保存することができ、歯の寿命を長くすることができます。

ドッグベストセメントとは?

イメージ画像

ドッグベストセメントは、銅、亜鉛、リン酸をはじめとする天然ミネラル成分でできた薬剤です。これらの成分がむし歯菌を殺菌し、再石灰化をうながすことでむし歯を治します。
殺菌成分は永続的に放出し続けるため、治療した部分に菌が残って症状が進行したり、再発する恐れがありません。

ドッグベストセメント治療の流れ

STEP 1

歯の洗浄
塗布するむし歯をきれいに洗浄します。

STEP 2

ドッグベストセメントの塗布
できるかぎり歯を削らずに、セメントを塗布します。

STEP 3

患部の密封
セメントが固まったら上から詰め物で蓋をします。

STEP 4

経過観察
患部のむし歯菌が殺菌され、再石灰化されます。
1年後に治癒が確認できたら、最終的な詰め物をし、治療完了です。

ドッグベストセメントのメリット

・痛みがとても少ない

ほとんどのケースで歯を削る必要がないため痛みもほとんどなく、麻酔も必要ありません。

・副作用の危険性がない

銅、亜鉛、リン酸などの天然成分が主成分ですので、副作用の危険性がありません。
妊娠中の方も安心してご使用いただけます。

・短期間で治療を終えられる

むし歯の大きさによりますが、1回~2回の治療で治療が済むため、短期間での治療が可能です。

注意事項

・症状が深刻なむし歯には治療法が適応できない場合があります。

・保険が適応されない自費治療になります。

電動麻酔器を使った麻酔

電動麻酔器について

イメージ画像

電動麻酔器は、今まで手作業で行っていた麻酔注射をコンピューター制御を用いて行う器械です。
手作業の麻酔のときに発生してしまう痛みを軽減することができます。

・余計な力がかからない

麻酔をするときの痛みの原因の1つは、針を指すときの不必要な圧力にあります。
電動麻酔器を使うことで、コンピューターにより麻酔液をゆっくりと一定の速度で注入することができるため、痛みにつながる動作を減らすことができます。

・人肌に温められた麻酔液を使います

麻酔をするときの痛みのもう1つの原因は、麻酔液の冷たさにあります。
電動麻酔器では器内で人肌に温めた麻酔液を注入するため、冷たさによる痛みや不快感も軽減されます。

ペンレステープ(表面麻酔)を使った麻酔

ペンレステープとは?

イメージ画像

主に皮膚科などで使われている、局所麻酔用の特殊なテープです。
歯科の局所麻酔ではジェルタイプのものもありますが、塗り薬だとお口の中で薬が流れてしまう可能性があるため、当院では十分な効果が期待できるテープタイプを採用しております。
見た目はセロハンテープをより薄くした透明のテープで、使い方は患部に貼るだけなので、とても簡単です。

ペンレステープの使い方

当院では、麻酔注射の針を指す場所が痛くないように、ペンレステープで予備麻酔をしております。

1.

小さくカットしたペンレステープを、注射の麻酔をする場所に貼ります。

2.

3~5分ほど待つと麻酔が効いてきます。効果が出ていることが確認できたら、電動麻酔器で治療ための麻酔を行います。

笑気吸入鎮静法(笑気ガス)を使った麻酔

笑気麻酔鎮静法とは?

イメージ画像
●治療中、緊張してしまって落ち着かない
●怖がって暴れてしまうお子様
●高血圧・不整脈が気になる

このようなお悩みを抱えた患者様にリラックスして治療を受けていただくための麻酔方法です。
笑気ガス(酸素に亜鉛化窒素を混ぜたもの)を鼻から吸い込むことで、意識を鎮静状態にすることができます。
全身麻酔と違い、眠くなる・意識がなくなるといったことはございません。患者様の意識がある状態で治療を進められますので、ご安心ください。

笑気ガスとは?

イメージ画像

笑気ガスは70%~80%の酸素と、20%~30%の亜鉛化窒素を合わせたガスのことで、保険診療が適応となります。
副作用の心配はほとんどありませんが、妊娠中の方には使用することができませんので、ご了承ください。

笑気麻酔鎮静法での治療の流れ

STEP 1

診療台に横になっていただいたら、鼻にマスクを乗せ、5分ほど笑気ガスを吸入します。

STEP 2

鎮静状態になったことが確認できたら、吸入をしながら治療を開始します。

STEP 3

治療が完了したら吸入を止めます。意識がハッキリするまで安静にしていただき、不調がなければそのままご帰宅いただけます。

当院ではむし歯治療だけでなく、ホワイトニングも痛くないシステムを導入しております!

当院で導入しているポリリンプラチナホワイトニングの特徴

食品添加物として認められている成分で作られた薬剤を使うため、安全性に長けています。
従来よりも歯を白くする効果が約3倍
歯質を強化する成分が配合されているので、むし歯・歯周病の予防効果が期待できます。


初めての方はもちろん、今までのホワイトニングは痛みで断念してしまった方にもおすすめです。

当院では
ホワイトニングも
痛くありません!

ページトップへ